ノコギリヤシコラム

頻尿・夜尿で尿漏れをしてしまう場合

頻尿、夜尿とひとえにいってもその症状はいろいろあります。自分がどのタイプなのかを知ることで対策法もわかってくるのではないでしょうか。


頻尿や夜尿症で尿漏れをしてしまう場合、疑われるのは、以下の3タイプです。


1.過活動膀胱


通常頻尿および夜間頻尿を伴う尿意切迫感で、感染や他の明らかな病的状態は除外した症状をいい、中高年の生活の質を下げる重要な疾患という認識が進んでいます。


脳梗塞などによるものを除けば、原因のわからないものが大半で、膀胱の筋肉が自分の意志に反した収縮が背景にあります。


対策としては、排尿日誌をつけ、膀胱トレーニングで徐々に排尿間隔を広げるようにします。尿意切迫感を感じたら、慌てず深呼吸しておさまったところでトイレに行くようにしたり、骨盤底トレーニングでこらえるコツをつかみましょう。


寒さや冷え対策も有効です。水分摂取のバランスも大切で、飲みすぎや控えすぎも問題です。冷たい飲み物より常温や暖かいものを飲みましょう。


受診の際には排尿日誌を持っていきましょう。


2.夜間頻尿


夜間頻尿は男女を問わず加齢とともに増加し、高齢者では生活に支障をきたすことが多い排尿の悩みとなる症状です。


昼間は尿量が少ないのに、夜間は多くなる夜間多尿になったり、残尿があって1回の排尿量が低下したり、睡眠障害によってトイレ回数が増えてしまうなどが夜間頻尿の原因とされています。


夜間頻尿は治療がむずかしいとされ、多飲多尿であれば水分摂取を調節、過活動膀胱が認められれば抗コリン薬の使用、残尿があり前立腺肥大症が認められればその治療をします。


睡眠障害があるなら、昼間に散歩をしたり、日光浴をして昼夜のメリハリをつけたり、就寝時刻を遅くするなどの生活の工夫をしてみます。


3.間質性膀胱炎


頻尿と膀胱痛が主な症状とする慢性進行性疾患です。難治性の頻尿の人の中にみられる疾患であることがわかってきました。


通常の治療では効果が表れず、心因性頻尿として突き放されることがあるとも言われています。


その他尿漏れの原因となる疾患には、骨盤・骨盤低の慢性疼痛、膀胱炎と尿道炎、頻尿、性器脱と排尿の不具合、膣炎や性感染症と排尿障害、子宮がん、子宮筋腫、尿排障害、夜尿症などがあります。






人気ノコギリヤシサプリ一覧

 

ノコギリヤシコラム

 

尿に関するトラブル

 

サプリ・健康の話

 

アンチエイジングに効果的なダイエット