ノコギリヤシコラム

夜尿・頻尿の解説と食事・生活習慣について

1日8回以上、就寝中2回以上トイレに行くようなら頻尿と思われます。加齢によるものもありますが、何らかの病気が原因の場合もあり、放っておくと糖尿病や前立腺の病気に進行してしまうこともあるため注意が必要です。


頻尿は普段の生活を見直すことでも改善できますし、それほどまだ気にならないという方の場合でも、予防のためにも気を付けたいところ。


寝る前の水分を控える・軽い運動をする・ストレスをためない、などが有効な方法です。また即効性はないのですが、頻尿に効果があるとされる食べ物を継続して摂ることも効果につながります。


ノコギリヤシ、ボタンボウフウ、かぼちゃの種などがその代表的なものですが、食材としてよりサプリメントとして摂取するのが一般的です。


トマト、クルミ、きくらげ、生姜なども効果があるとされます。逆に、コーヒーやお茶などは利尿作用があるので飲みすぎに注意しなくてはいけません。


大人になってから夜尿症が再発し、一人で悩んでいるという状況は以外に多いようです。1年に1回。2回程度なら、その時の体調などによりますので、夜尿症というより突発的な事故的に捉えて気にしないほうがいいのです。


それが、1週間に数回、あるいは毎日・・・となると日常生活にも数々の支障が出てきますし、独身者であれば結婚など、悩みは大きくなります。ストレスが原因で睡眠のリズムが乱れて、抗利尿ホルモンの分泌がスムーズでないこともあります。漢方薬を利用することでもその原因がなくなり、夜尿の回数を徐々に減らすことにつながることもあります。


夜間頻尿と夜尿について


昼間にトイレに行く回数が多いことは、頻尿といいますが、夜寝ている間にトイレ回数が多いと夜間頻尿と言います。


夜間頻尿は、トイレに行くまでの間に漏れてしまうことがあるかもしれませんが、寝ていて無意識に漏らしてしまうことはありません。寝ている間に自覚がないまま尿をもらしてしまうのが、夜尿症です。


大人の夜尿症のには、睡眠障害やストレスが大きくかかわっていると考えられますが、糖尿病や膀胱周辺の臓器の疾患が原因になることがあります。男性の場合は、前立腺炎などが原因で夜尿症になってしまうことがあります。


近年、主に男性や高齢の方が夜尿症に悩んでいるというケースが増えてきています。そこで、夜尿症改善にノコギリヤシが効果的であることから、ノコギリヤシのサプリメントが注目されてきました。


ノコギリヤシはヤシ科の植物で天然ハーブの仲間です。北アメリカの先住民たちが強壮剤やさまざまな薬用に利用していたという歴史があります。日本でノコギリヤシの認知の歴史は浅いのですが、アメリカやヨーロッパなどではサプリメントとして古くから広く利用されています。


夜間頻尿は男女を問わず、加齢とともに増加しています。高齢者では生活に大きく影響する悩みとなっています。原因としては、夜間多尿、1回の排尿量の低下、睡眠障害などが複雑に関与しているものと思われます。


夜間多尿については、高齢者では心機能や腎機能が低下しているため、昼間の尿量が減り、そのぶん夜間の尿量が増える傾向があります。高齢者には、健康指導などによって水分を積極的に摂ることにこだわる人が多く、多飲多尿になっていることがあります。


排尿量については、過活動膀胱で膀胱が小さく勝手に収縮するために、尿意切迫感、切迫性尿失禁などとともに、昼夜の頻尿が起きることが多いのですが、残尿が原因で一回の排尿量が少なくなる場合があります。


睡眠障害については、目が覚めればトイレに行く、尿意を感じるから目が覚める、というような悪循環から夜間頻尿になったり、睡眠障害になってしまうケースです。






人気ノコギリヤシサプリ一覧

 

ノコギリヤシコラム

 

尿に関するトラブル

 

サプリ・健康の話

 

アンチエイジングに効果的なダイエット