サプリ・健康の話

AGA治療に有効とされる「ミノキシジル」の働きを解説

男性型脱毛症、略称AGAとは、頭髪の生え際や頭頂部から髪の毛が薄くなってしまうという症状が典型的な脱毛症のひとつです。この男性型脱毛症は、若い世代でも起きることがありますが、多くは中年以降の男性に生じやすいとされています。


男性型脱毛症の原因として、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、体内の酵素の働きによって変換された末にできるDHTとよばれる物質が、毛乳頭に存在しているアンドロゲンレセプターに結びついて、髪の毛の生え変わりのサイクルの異常をもたらし、そのすこやかな成長をさまたげてしまうからだといわれています。


こうした男性型脱毛症の症状に対して効果的とされる医薬品にミノキシジルがあります。ミノキシジルは、もともとは血管を拡張する作用に注目して開発された医薬品で、のちに発毛作用もあることがわかったため、男性型脱毛症の治療薬などとして転用されたものです。


ミノキシジルには、飲むタイプと塗るタイプの両方がありますが、いずれも頭皮の毛細血管を拡張して、栄養分などをふんだんに含む血液が毛母細胞に流れるのを助け、結果として発毛をうながすという効果があります。毛母細胞は、ちょうど毛乳頭の周辺に位置している細胞組織で、この毛母細胞がさかんに分裂を繰り返すことによって、やがて髪の毛として成長するというたいせつな部分です。


塗るタイプのミノキシジルについては、医師から直接処方を受けるほか、ドラッグストアなどの店頭で取り扱う発毛剤などの一部が該当しており、通常は必要量を朝夕の2回、頭皮に薬液を直接塗るといった使い方をします。
飲むタイプのミノキシジルは、国内では基本的に市販されておらず、海外からの個人輸入などの手段となりますが、タブレット状になっており、必要量を経口で服用するものとなります。


飲むタイプのほうは、塗るタイプにくらべると効果は大きいものの、副作用が全身にわたってしまうおそれがあり、吐き気、めまい、髪の毛以外の体毛の増加、血圧低下などを起こしやすいので、慎重な使用が求められます。






人気ノコギリヤシサプリ一覧

 

ノコギリヤシコラム

 

尿に関するトラブル

 

サプリ・健康の話

 

アンチエイジングに効果的なダイエット