サプリ・健康の話

アーティチョークの食べ方やレシピを調べてみた

アーティチョークはキク科に属する植物で、和名ではチョウセンアザミと呼ばれています。食用となるのは花の部分であり、西洋料理では古代ローマ時代から栽培されてきた歴史があります。消化促進のための栄養が多いため、古来より健胃のために重宝されてきました。栄養成分で際立って多いのは、造血のために必須となる葉酸です。マグネシウムやカリウムなどのミネラルも豊富ですから、野菜不足を解消するためにも利用価値が高い食材です。


アーティチョークは日本では高級な西洋野菜として知られていますが、一昔前までは入手が困難でした。日本に伝来したのは江戸時代のことですが、本格的な栽培や流通が行われるようになったのは最近の出来事です。多肉植物のような独特な形状をしていますが、食味の良さが抜群で、多くのレシピや食べ方があります。軽く茹でたものには、スパイシーなマヨネーズをかけて食べるだけでも美味です。玉ねぎにも似た形をしていますから、カレーやシチューに入れても無難に合います。煮込むことで他の食材の旨みを吸収して、深みのある美味しさになります。


アーティチョークのレシピを増やすためには、和食としての食べ方を実践することがおすすめです。クセが少ない野菜ですから、あっさりとした和食との相性も良くなります。シンプルな食べ方としては、アーティチョークの天ぷらもおすすめできます。天ぷらにすることで旨みと香りを閉じ込めて、絶妙な美味しさを醸し出すことができます。


アーティチョークの栄養を逃さないために、生の状態で食べるレシピも応用していきます。栽培されている地域であれば、新鮮なアーティチョークをサラダにして食べることができます。オリーブオイルに付ける食べ方も美味しいもので、素材の旨みを活かすために有効です。バターソースをかける場合でも、アーティチョークの食味の良さが際立ちます。収穫した後に長く楽しむためには、アーティチョークをハーブ風味の酢漬けにして、ピクルスにすることもできます。






人気ノコギリヤシサプリ一覧

 

ノコギリヤシコラム

 

尿に関するトラブル

 

サプリ・健康の話

 

アンチエイジングに効果的なダイエット