サプリ・健康の話

男性ホルモンの1つ「テストステロン」の分泌を高めるには?

男性ホルモンのテストステロンの分泌を高めるたまには筋トレによって筋力を高めることが重要で、全身の筋肉の量を増やすことによって分泌されるテストステロンが多くなるので、男性ホルモンの影響も強くなります。男性の更年期は男性ホルモンが影響して起こるとされていて、精神的に不安定になって落ち込んだり、EDになって勃起障害を起こすこともあります。


テストステロンを筋トレによって増やすことで男性の更年期障害を予防することができるので、腹筋や大腿部の筋肉などの大きな部分を鍛える筋トレをすることで、男性ホルモンの分泌を促すことができます。


またテストステロンは食事でも増やすことができるので、男性ホルモンの減少が原因で更年期障害になった場合には成長ホルモンの分泌を促す成分のアルギニンやシトルリンなどを積極的に摂取することでテストステロンの分泌を増やすことができます。


効率よくアルギニンを摂取するための食事としては鶏肉を上手に利用した料理が効果的で、とくに鶏胸肉はアルギニンが多く含まれているので、毎日の食生活の中で食べておくと筋肉の量を増やすだけでなく成長ホルモンや男性ホルモンの分泌を促すことができます。


またニンニクにも含まれているので、鶏胸肉のにんにく炒めなどを食べることでたくさんのアルギニンを摂取することができます。食事からテストステロンの分泌に必要な成分を摂取するためには積極的に納豆やニンニク、鶏胸肉などを食べなければならないのですが、手軽に摂取するためにはアルギニンやシトルリンを配合しているドリンク剤やサプリメントなどを飲むことで同じような効果を得ることができます。


男性が更年期障害のような症状を起こす原因としてはストレスなどもあるので、筋トレや食事によって男性ホルモンの分泌を増やすとともに生活環境の改善にも力を入れなければなりません。とくに勃起障害や早漏などに関してはストレスが原因になっていることが多いので注意が必要です。






人気ノコギリヤシサプリ一覧

 

ノコギリヤシコラム

 

尿に関するトラブル

 

サプリ・健康の話

 

アンチエイジングに効果的なダイエット