サプリ・健康の話

カフェインのメリット・デメリットを解説!とりすぎは良くない?

カフェインは主に、コーヒーや紅茶、緑茶や栄養ドリンクなどに多く含まれています。身体に対してメリットが非常に多いですが、間違って過剰摂取すると身体に良くないデメリットもあります。


カフェインのメリットは、脳の中枢神経へ程よい刺激を与え、脳をスッキリさせる覚醒効果があることで、アドレナリンの分泌も促すことから血行の流れも良好になり、身体の動きを活発にすることができます。この他にも頭痛の改善や予防のメリットもあり、普段からカフェインを定期的に摂取している人は、脳卒中や認知症、糖尿病の予防に大きく効果があります。


カフェインのメリットは、このように体内の肉体や神経に大きく作用するので、筋肉の働きを活発にする効果や、摂取後に運動をすると脂肪燃焼を促進させる効果もあります。


カフェインの中毒性については、麻薬のような危険ドラッグのような中毒の危険性はありませんが、普段からカフェインを摂取し続けている方が、急にカフェインの摂取を止めると、頭痛や耳鳴りなどを引き起こす症状が発見されています。
過剰摂取についても同じ症状が引き起こされる場合があります。


睡眠時間に影響を及ぼす他、体内で分解できる量も決まっているため、過剰摂取すると気分が優れないといった症状から、疲労回復効果があるはずが、疲労が溜まって疲れが取れないといったデメリットに繋がる場合があるので注意が必要です。


利尿作用がある点については、過剰摂取すると適正に水分補給をしない限り脱水症状に陥る場合があります。


基本的にカフェインは過剰摂取を避け、常識的な範囲内であれば中毒もなく、デメリットに遭遇することはありませんが、一応は刺激物なので空腹時や妊娠中の摂取は控えるのが好ましいです。


日常生活において、とりすぎなければ覚醒作用や血行促進効果の基本的なメリットを手軽に実感できるので常識的な範囲内を考えることが大切です。また、多くの方が眠け覚ましの目的でコーヒーなどを飲む方が多いですが、飲みすぎると逆に眠気を引き起こす症状は有名です。






人気ノコギリヤシサプリ一覧

 

ノコギリヤシコラム

 

尿に関するトラブル

 

サプリ・健康の話

 

アンチエイジングに効果的なダイエット