尿に関するトラブル

膀胱炎とはどのような病気なのか?ほとんどが細菌感染で発症する

膀胱炎とは膀胱に炎症が起こる病気です。排尿の際に痛みを感じたり、尿が白く濁ったり血が混じったり、残尿感を感じたり、何度もトイレに行きたくなったり、漏れてしまったり...そのような症状があれば膀胱炎を疑ったほうが良いでしょう。悪化してくると腎盂腎炎や腎臓へ感染してしまうこともあるので早めに受診して下さい。


膀胱炎は男性に比べ、圧倒的に女性がなりやすい病気です。何故かと言うと、女性は尿道が短いので菌が膀胱まで届きやすく、尿道口と細菌が繁殖しやすい膣と肛門が近いからです。拭き残しや性交渉によって細菌が尿道に移ってしまいます。


膀胱炎のほとんどが細菌の感染で起こる


膀胱炎は圧倒的に細菌の感染によって起こる病気です。ただし、普段はおしっこを出すことによって細菌を洗い流しますし、膀胱自体が細菌への抵抗力を持っています。しかし、疲労やストレスなどで抵抗力が弱くなってしまうと膀胱炎になってしまいます。


また、おしっこを我慢すると膀胱炎になるというのも本当です。上記で述べたように尿には細菌を洗い流す作用があるので長時間出さないでいると細菌が繁殖してしまうからです。あと、膀胱の粘膜には感染防御作用があるのですが、尿が溜まり過ぎると血流が悪くなり、作用が低下してしまうからです。


膀胱炎の種類


膀胱炎には急性膀胱炎と慢性膀胱炎、出血性膀胱炎があります。中でも細菌の感染によって起こる急性膀胱炎が一番なりやすく、排尿の後半に強い痛みを感じます。一方痛みと症状が比較的軽いのですが、治るのに時間がかかるのが慢性膀胱炎です。


慢性膀胱炎は急性膀胱炎が再発を繰り返して慢性化したり、基礎疾患(前立腺肥大症、尿路結石、糖尿病など)が原因で細菌感染したり、細菌感染以外の原因で慢性化することで起こります。出血性膀胱炎はその名の通り出血を伴う膀胱炎で、ウイルスや医薬品、放射線治療などが原因で起こります。


膀胱炎を治すための生活


膀胱炎になってしまった場合は抗生物質で治療していきます。それと併せて、日常生活に気をつけることで治りが早くなります。まず、細菌をしっかり洗い流すために、トイレを我慢しないことが大切です。また、水分をこまめに取るということが大切です。


膀胱炎になると排尿の痛みを嫌がって水分の摂取量を減らしてしまう人が多いですが、膀胱に水分が溜まることで痛みが和らぎます。その他には局所を清潔にしたり、悪化させる原因となるストレスや疲れを溜めないようにしましょう。アルコールも炎症を悪化させてしまうので治療中は避けましょう。






人気ノコギリヤシサプリ一覧

 

ノコギリヤシコラム

 

尿に関するトラブル

 

サプリ・健康の話

 

アンチエイジングに効果的なダイエット